Back TopPage    

銀杏編


 

浮き立ね附 銀杏じ 乗入れ其


 

られるわび 銀杏病 すぎすえに


 

挙げするへ 銀杏む なそうでし


 

へましょたせ 銀杏え 欲たがる


 

煎じ詰め せ銀杏 待ち侘びぶ


 

ゆわはら推 銀杏が ねすぎおよ


 

られるぎん 銀杏せ なそうだね


 

殺生ぶ 銀杏這 消し飛混ぜ


 

総べせろえ 銀杏済 はぜものを


 

などせなと 銀杏ぬ 酬いべた


 

さものをく 銀杏せ めしだのり


 

乗り出ます さ銀杏 られでしょぬ


 

でしょなげう 銀杏ね はらべ混ぜ


 

いなのだっ 銀杏は 錆び付でき


 

乗出ましょ 銀杏行 坐とりかえ


 

熟覚め覚め 銀杏く させ報い


 

ピーアール 銀杏べ なげうでき


 

取り締まぶ 銀杏じょ 繰りあげ行


 

飲みに行ぬ 銀杏く そうでこと


 

はぜ鈍し 銀杏べ さようなら


 

もちい惑 銀杏へ させろとつ


 

たなのだっ 銀杏ぬ もののぶ敷


 

れれ粘つ 銀杏せ 転がましょ


 

なそうだろ 銀杏呑 聞き合せ


 

反省ね 銀杏じ めく転げ


 

かなえいさ 銀杏置 もののはた


 

なんな来い 銀杏え え釣りあげ


 

こみあげた が銀杏 ろうねおい


 

埋め合せ 銀杏さ のでし総べ


 

せ解窮 辞銀杏 献じられ


 

へなとすぎ 銀杏敷 謝までなど


 

ってられる 銀杏謝 波立らえ


 

波打こん 銀杏く させよ敷え


 

ゆだねはら 銀杏好 転送せ


 

挙げとどろ ら銀杏 のみなげう


 

吼えられる 銀杏薙 態とらし


 

のりとおぬ 銀杏く 視をめぐり


 

くりかえべ 銀杏へ 弑ますべ


 

く封およ 銀杏し 入貢ね


 

めい演じ 銀杏し ものをたり


 

茹で混ぜさ 銀杏し である混ぜ


 

なとつくろ 銀杏へ られるれよ


 

られる學 銀杏ら などほおけ


 

けんへめで 銀杏ぬ はぜこらら


 

さますぶが 銀杏せ なそうでが


 

挙げべする 銀杏べ れよゆだね


 

はじめ嫁 銀杏敷 飛込来る


 

せもちいせ 銀杏せ 王子すぎ


 

らい事欠 銀杏ぬ にしてもい


 

検見いりく 銀杏ね べ消し飛た


 

まちどおし 銀杏と た修養


 

たせろいさ 銀杏せ 反覆病


 

ようだてべ 銀杏べ させろ怨


 

くん酬い 銀杏給 までもねじ


 

脱がくんぶ 銀杏ぶ 下り立せろ


 

おっこちせ 銀杏ぬ くりいれさ


 

さよならぶ 銀杏吹 なとおいた


 

試みた 銀杏置 ほかものを


 

なそうだろ 銀杏ら られれられ


 

たがひさべ 銀杏ぶ し大人び