Artist●参加アーティスト


造形作家、作曲家、演奏家、舞踏家、など

上野 正夫(造形作家):千葉鴨川在住
森 繁哉(舞踏家):大蔵村在住
ブルース・ヒューバナ−(音楽家・尺八):福島女子大学
スタンアンダーソン(造形作家、翻訳家):埼玉県名栗村在住
高山 登(造形作家):宮城教育大
日原 もとこ(色彩学):東北芸術工科大学
遠藤 牧人(グラフィックデザイナー):東北芸術工科大学
幸村 真佐男(メディア・アート):東北芸術工科大学
吉田 朝夫(石彫刻家):山辺町・作谷沢在住


・東北芸術工科大学学生


上野 正夫


1949 長野県に生まれる
1972 芝浦工業大学建築学科卒業建築、インテリア等のデザインに従事
1977 篭の造形に興味をもち、自然素材による立体作品の製作を始める
1983 風景の中から素材と形を発見し、その場で製作していくVSOPシリーズの制作を開始・新宿セラールで個展
1984 椿/千葉、史染抄/銀座で個展
1985 池袋西武で個展
1986 池袋西武でヒグマ春男氏とビデオインスタレーション 新宿マスダススタジオで個展 タイでVSOPシリーズの制作(2月)
1987 池袋西武で個展
1988 ART ACT/成城、新宿セラール、銀花/新宿で個展・中国でVSOPシリーズの制作(2月)
1989 「和紙の現代美術展」ラミア/東京・新宿セラールで個展・コルトンプラザでインスタレーション(4・7・9・月)/市川・インドネシアでVSOPシリーズの制作(2月)
1990 グライズデール彫刻公園のアーチストインレジデンス(4〜6月)/イギリス・On The Earth展」アクシスギャラリー/東京
1991 「現代日本美術展」東京都美術館、京都市美術館・「ソフトスカルプチャー展」麻布工芸美術館、ギャラリー無有/京都・「遊体展」東京小原流会館、安房鴨川、京都芸術短期大学
1992 「千葉県三芳村日英交流野外彫刻展」ギャラリー無有/京都で個展
1993 「竹の都市展」すみだリバーサイド・鹿児島県霧島でインスタレーション・カーサ/福井、椿/千葉で個展
1994 山形県山辺町作谷沢「雪の野外彫刻展」・「バスケタリーアート展」スタジオコム/京都 「緑の発見展」日比谷公園・「半島の現代美術展」鴨川市民ギャラリー・「アジアの心とかたち展」広島


Masao Ueno

1949. Born in Nagano Prefecture Japan.
1972. Graduated from Shibaura Institute of Technology, Deparement of Architecture.
1983. 'Microcosm in the Basket,' Art Gallery Cellar, Tokyo. Started VSOP series.
1984. Exhibition in Gallery Tubaki, Chiba/Shinsensho Gallery,Tokyo.
1985. 'Form of the Bamboo,' Ikebukuro Seibu Gallery,Tokyo.
1986. Exhibition in Masuda Studio,Tokyo. VSOP in Tailand.
1987. Exhibition in Ikebukuro Seibu Gallery, Tokyo.
1988. Exhibition in Art Act, Tokyo/Gallery Celler, Tokyo/Ginka Corner, Tokyo. VSOP in China.
1989. 'Contemporary Art Exhibition of Paper,' Gallery Lamia, Tokyo. Installation at Nikke Colton Plaza, Ichikawa Chiba-Pref. Exhibition in Gallery Celler, Tokyo. VSOP in Indonesia.
1990. 'Axis of the Earth,' Grizedale Sculpture Park, England. 'On The Earth Exhibition,' Axis Gallery, Tokyo.
1991. 'The 20th Contemporary Art Exhibition of Japan,' Tokyo Metroporitan Museum of Art and Kyoto City Museum of Art. 'Soft Sculpture Exhibition,' Azabu Museum of Art and Craft, Tokyo. 'Bamboo Shelter,' Espas Ohara, Tokyo.
1992. 'Toride' Miyosi Village Chiba-Pref. Exhibition in Gallery Muu, Kyoto.
1993. 'The Bamboo City,' River Side Gallery, Tokyo. 'Bamboo Shelter,' Kirisima National Park in Kagosima-Pref. Exhibition in Gallery Casa, Fukui.
1994. 'Snow Pagoda,' Yamanobe-Town Yamagata-Pref. 'Pagoda of Leaves,' Hibiya Park, Tokyo. 'Bamboo Pagoda,' Credo Hall, Hirosima. 'Contemporary Art in the Peninsula,' Kamogawa City Gallery. 'Basketry Art Exhibition,' Studio Com, Kyoto.


森 繁哉


1947年山形県大蔵村生まれ。大蔵村在住の現代舞踏家。
クラッシックバレエ、スペインダンス等を習得後、現代舞踊に入る。「水の踊り」「庭・バリエーションズ」等、数多くの舞台作品の他、道路での表現活動「第一次」『第2次道路劇場』を経て、出羽三山山中にて「千の行」を展開する。
本拠地を常に大蔵村として、自己の舞踊団『行商カンパニー』を主宰し、村人と『すすき野シアター』を経営する。
作品も大蔵村柳淵の土地に根ざした土地の記録が多く、柳淵稲作技術の踊りシリーズ」「柳淵ダンス歌舞伎シリーズ」「柳淵山野記」等を村人と手がける。
又、各地の人々との文流から産まれた、「舞踊オペラ」は地域の文化ネットワークを築き上げ、新たな、民俗の身体様式を創りだした。
その中から、産まれた『南山夜学校』には多くの若者が参加し、数々の踊り手、職人、表現者が誕生している。
自らも東北芸術工科大学で『民俗学』を講義し、『身体民俗学』という独自理論は先駆的な体系を築きつつある。
その多彩な活動にインタークロス賞、山形県社会文化賞等を受賞する。

森 繁哉 関連ホームページ
http://www.yamagata.ntt.ocn.ne.jp/wnn-c/katsuyaku/mori/index.html


ブルース・N・ヒューバナー

Bruce・N・Huebner


1960年アメリカ生まれの演奏家。カリフォルニア州立大学、東京日本語学校、東京芸術大学終了後、インディペンデント・スタデイ、トム・ピアソン氏に師事。Gregg外語学校講師、都立小平南高校英語教師を経て現在福島女子短期大学助教授。
1982年カリフォルニア州立大学卒業と同時にヨーロッパ、日本へ演奏旅行。1983年尺八を学ぶため琴古流尺八宗家、川瀬順輔氏に弟子入りをし、同大学在学中は、民謡尺八演奏活動を通して交流を深める。1991年東京芸術大学において、故山口五郎氏(人間国宝)の元で学び、外国人として初めて邦楽科修士課程を修了する。
1993年カリフォルニアのモントレージャズフェスティバルに日本のビッグバンドとともに参加、尺八で演奏。1995年福島で尺八リサイタルを主催、琴古流尺八師範となる。 1996年から舞踏家森繁哉氏の音楽監督を努める。
現在、大田区三曲協会会員、四季の森コンサート・シリーズ主催、Contempory Sankyoku Ensemble、シェア・ラブ・チャリティの会参加。
現住所、福島県福島市庭坂字富山122−14。


スタン・アンダーソン

Stan Anderson


1947年 米ユタ州に生まれる
1971年 ユタ大学心理学コース卒業
1975年 美学校小畠木彫教室に入る。5年間当教室で勉強する
1982年 Pratt Institute(ニューヨーク)彫刻・美術史の修士過程卒業

●最近の個展
1995年 「杉の部屋、竹の部屋」FIA,Inc.企画、Indexギャラリー(大阪)
1996年 「とかげの道」ギャラリー・オーネ・マノクロザス(飯能市)
1998年 「夜空の部屋」ギャラリー具縛(日高市)

●主なグループ展
1983年 北関東美術展(栃木県立美術館)
1984年 びわこ現代彫刻展(滋賀県も守山市なぎさ公園)
1987年 「アート・ドキュメント'87」(栃木県立美術館)
1988年 「アート・プロジェクト岩国錦川錦帯橋'88」
1990年 「あそびの心展」(世田谷美術館)
1993年 「手わざと現代」3人展(埼玉県立近代美術館)
1995年 Artists Camp in Aso(熊本県)
    海の美術祭(韓国釜山)
1998年 現代美術の磁場(つくば美術館)

Stan Andeson

1947. Born in Salt Lake City, Utah. U.S.A.
1966. Studied in Japan (〜'68).
1971. Graduated from the University of Utah.
1973. Returned to Japan.
1975. Entered Kobatake's sculpture class.
1980. Went back to the United States and entered the graduate department of fine arts at Pratt Institute in New York City.
1982. Received graduate degree in fine arts and returned to Japan.Exhibitions
1976. 'Group Show by Kobatake's Sculpture Class,' Shimizu Gallery,Tokyo.
1977. 'Nika Society exhibition,' Tokyo Metropolitan Museum of Art.
1980. 'Group Show by Kobatake's Sculpture Class,' the Iruma Public Hall,Saitama. 'Nika Society Exhibition,' Tokyo Metropolitan Museum of Art.
1982. Thesis exhibition for the graduate depertment of fine arts at pratt Institute. 'Nika Society Exhibition,' Tokyo Metropolitan Museum of Art.
1983. 'The 4th Kita-Kanto Art Exhibition'. 'Saitama Art Festival,' Kita-Urawa Park. 1984. 'Lake Biwa Contemporary Sculpture Exhibition,' The 2nd Nagisa Park, Moriyama city. 'Saitama Art Festibal,' Kita-Urawa Park. 'Nika Society Exhibition,' Tokyo Metropolitan Museum of Art.
1985. 'Solo Exhibition,' the public gallery of the Museum of Modern Art, Saitama. 'Tsukuba International Environmental Art Symposium'. 'Shibukawa Open-Air Exhibition'. 'Nika Society Exhibition,' Tokyo Metropolitan Museum of Art. 'Tokorozawa Outdoor Exhibition'.
1986. 'Saitama Art Festival'.
1987. 'Hamamatsu Outdoor Sculpture Exhibition'. 'The 2nd Shibukawa Open-Air Exhibition'. 'Party 2,' the Toshiba headquarters building, Hamamatsu-cho.
1988. 'Solo Exhibition,' Sanseido Hall, Tokyo. 'Art Project Iwakuni,' Iwakuni, Nishiki River, Kintai Bridge. 'Fussa-Tamagawa Outdoor Sculpture Exhibition'.
1989. 'Solo Exhibition,' Rasendo,Gunma.
1990. 'Solo Exhibition,' Farm land in front of Gallery Gubaku, Hidaka. 'Spirit of Play Exhibition,' Setagaya Art Museum. 'Naguri Out Door Sculpture Exhibition'.
1991. 'Naguri Out Door Sculpture Exhibition'. 'A Three Person Show,' Gallery Gubaku, Hidaka.
1992. 'Festival'92,' Asahikohgen, Genkimura. 'Naguri Out Door Sculpture Exhibition'.

高山登

1993年 高山登個展 ギャラリー21+葉(東京)
    高山登個展 秋山画廊(東京)
1994年 モノ派展 鎌倉画廊(東京)
    高山登個展 秋山画廊(東京)
1995年 「1970年−物質と知覚」 岐阜県美術館(岐阜)、広島市現代美術館(広島)、北九州市立美術館(北九州)、埼玉県立近代美術館(埼玉)
    高山登個展 秋山画廊(東京)
    ASIANA Contemporary Art from Far East ヴェンドラミン宮(ベニス)
1996年 12のインスタレーション 東京都現代美術館(東京)
    1970年−物質と知覚 Musee d'Art Modern Saint Etienne(フランス)
    高山登個展 ワッツアートギャラリー(仙台)
1997年 高山登個展 ギャラリー彩園子(盛岡)
    高山登個展 秋山画廊(東京)
    光州ビェンナーレ(Hybrid & Wood:ART CAMP)光州ビェンナーレ美術館(韓国)

'88ギャラリー21+葉 '88 '88

日原 もとこ


雪の芸術祭総合プロデューサー・まんだら塾長
東北芸術工科大学・生産デザイン学科教授(色彩学)
カラーワークゼミ主宰
舞踊劇「春の響宴」(森繁哉と里山ダンス事務所)


遠藤 牧人

グラフィックデザイナー・(東北芸術工科大学)

[まんだらの里:雪の芸術祭2000]のポスターをデザイン。


幸村 真佐男


1943 東京生まれ
1969 多摩美術大学プロダクトデザイン科卒業
1966 藤田組(現フジタ)学生重役(〜69)
1966 CTG(コンピューター・テクニック・グループ)を結成
1969 イメージ構造・工学・考画研究所を設立、主宰.現在に至る
1972 アメリカ国務省の招聘により渡米、アメリカ各地の大学・研究所を訪問・視察
1977 筑波大学(電子情報工学系:情報処理概論、演習、実習)非常勤講師、現在に至る
1985 京都芸術短期大学コンピューター・グラフィックスコース主任教授(〜92)
1992 東北芸術工科大学情報デザイン科教授、現在に至る展覧会
1968 「Cybernetic Serendipity展」ロンドン/ICA(現代美術研究所)その後世界各地を巡回展
1968 コンピューターアート展「電子によるメディア変換」銀座/東京画廊
1969 「現代の動向展」京都/京都近代美術館 国際サイティックアート展「エレクトロマジカ」東京/ソニービル
・第6回パリ青年ビエンナーレ展/パリ近代美術館
1970 「Eve of Tommorow展」ドイツ/ハノーバー
1972 国際ビデオウイーク「開かれた網膜、わしずかみの映像展」/東京アメリカンセンター
1973 国際コンピューターアート展「Cybernetic ARTRIP」東京/ソニービル(〜75)
1974 日本国際美術展「Tokyo Biennale'74」/東京、京都 100Feet Film Festival/東京、名古屋、札幌、京都
1975 個展「文明の超克厚い壁展」東京/田村画廊
1980 パフォーマンス「9月の熱い手展」横浜/横浜市民ギャラリー
1981 神戸ポートピア/テーマ館
1982 「新しい視覚表現の世界展」東京/西武デパート・第1回国際オルタナティブ音楽祭/東京、大阪1983
「第11回国際電子音響音楽コンクール」フランス/ブルージュ・現代芸術祭「芸術と工学」/富山県立近代美術館・NECOGRAPH'83
1984 国際ハイテクノロジーアート展/東京渋谷デパート
1985 「第2回現代アジア芸術祭」/福岡市立美術館
1986 「SIGGRAPH'86」アメリカ/ダラス
1987 「Image Du Furtur'87」カナダ/モントリオール
1988 「Japan Now,Sweden Now」スウェーデン/ストックホルム・日本国突端科技芸術展・台湾省立美術館/台中
・CGマルチプレックスホログラフィーNICOGRAPH'881989 Burning Peak Line/千葉県平砂浦海岸
1990 「European Media Art Festival」ドイツ/オスナブリック
1991 「Emittona」東京青山小原流会館/京都造形大学
1992 「彫刻の遠心力展」国立国際美術館/大阪
1993 「マルチメディアパフォーマンス」可視波動域
東京青山小原流会館所属学会・日本デザイン学会・視聴覚情報研究会(AVRIG)・日本記号学会・意味論研究会・日本映像学会
可視化情報学会・ホログラフィック・ディスプレー研究会(HODIC)・液晶技術研究会・山形応用地質研究会


Masao Koumura

1943. Born in Tokyo.
1963. Entered Tama Art University.
1966. Formed CTG (Computer Technic Group).
1966. Student member of Fuzita-gumi architectural company's board of directors.
1968. 'Cybernetic Serendipity Exhibition,' ICA(Institute of Contemporary Art), London. 'Computer Art Exhibition,' Gallery Tokyo.
1969. Graduated from Tama University of Art, department of Product Design. Founded an institute for image engineering (to present).
1969. 'The Contemporary Tendency Exhibition,' Kyoto Museum of Modern Art. 'Electromagica : International Psytech Art Exhibition,' Sony Building,Tokyo. 'The 6th Paris Youth Biennale,' Paris Museum of Modern Art.
1970. 'Eve of Tommorow Exhibition,' Hanover, Germany. 'International Video Week Exhibition,' Tokyo American Center.
1972. Went to U.S.A by invitation at the State Department, visited American universities and research institutes.
1973. 'Cybernetic ARTRIP : International Computer Art Exhibition,' Sony Building, Tokyo (〜'75).
1974. 'Tokyo Biennale'74 : International Art Exhibition, Japan,' Tokyo, Kyoto. '100 Feet Film Festival,' Tokyo, Nagoya, Sapporo, Kyoto.
1975. Exhibition in Gallery Tamura, Tokyo.
1977. 'Enjoyable Computer Exhibition,' Tokyo.
1977. Lecturer at Tsukuba University (to present).

1980. Performance event 'Hot Hands of September,' Civic Gallery, Yokohama.
1981. Kobe Portpia : Theme Center.
1982. 'Media Bum : Audio-Visual Show'. 'New Visual Expression Exhibition,' Seibu, Tokyo. 'The 1st International Olternative Music Festival,' Tokyo, Osaka.1983. 'The 11th International Electronic Music Contest,' France. Contemporary art festival 'Art and Technology,' Toyama-Prefectual Museum of Modern Art. 'NICOGRAPH (Japan Computer Graphic Association) '83 '.1984. 'International High Technology Art Exhibition,' Shibuya Seibu, Tokyo.
1984. Visiting professor at Kyoto College of Art.
1985. Chair man of Computer Graphics department, Kyoto College of Art (〜'92).
1985. 'The 2nd Contemporary Art of Asia Exhibition,' Fukuoka City Museum of Art.
1986. 'SIGGRAPH '86,' U.S.A.
1987. 'Image du Furtur '87,' Canada.
1988. 'Japan Now, Sweden Now,' Sweden. 'Japanese High Technology Art Exhibition,' Taiwan Museum of Art. 'NICOGRAPH (Special Interest Group of Computer Graphic Association) '88 '.
1989. 'Burning Peak Line,' Chiba-Prefecture.
1990. 'European Media Art Festival,' Germany.
1991. 'Emittona,' Tokyo and Kyoto College of Art.
1992. 'Centrifugal Force of Sculpture Exhibition,' National Museum of International Art, Osaka.
1993. 'Multimedia Performance,' Tokyo.
1992. Professor, Informatique Design department, Tohoku University of Art & Design (to present).Exhibition

吉田 朝夫

まんだら塾事務局長
吉田朝夫 関連ホームページ
http://www.pref.yamagata.jp/kt/chiiki/ktch0005.html